趣味

アクアリウム初心者でも簡単に飼育する為には?最初は◯◯◯がオススメ!

アクアリウムイメージ

どうもFlad(@Flad_Box)です!

「アクアリウム」と聞くと、本格的な設備や装飾で水槽を華やかに、かつ環境が整った最高の状態で魚が泳いでいる…

そんなガチ勢のイメージが浮かぶと思いますが…

実際はそこまで難しいものではありません♪

今回は、アクアリウム初心者でも簡単に飼育出来る魚や水槽作りについてまとめていきます!

簡単に飼育出来る魚

アクアリウム未経験者が買うべき最初の魚は…
ネオンテトラやコリドラス等を推すサイトもありますが…

僕は全力でメダカをオススメします!

今回はその中でも安価で、リスクの小さいヒメダカを推します!

ヒメダカのデメリット

・食欲旺盛だが消化器官は強くない
(餌の与え過ぎでも食べ続けてしまう)

・他種の餌用として販売している所が多く、扱いが雑な店舗もある為寿命が不明

・店舗によっては、好きな個体・性別を選べない

水槽に必要なもの



オススメの魚としてヒメダカについて紹介しましたが、魚を飼う為には魚よりまず水槽が必要ですね!

上記のようなペットショップに売っているしっかりとした水槽でも良いですが、大きめなガラスのボトル(ボトルアクアリウム)であったり、100均のキャンディボトルなどでも十分に楽しむ事が出来ます!

水槽となる容器が用意できたら、魚が住みやすい環境にする為に必要なものを集めましょう

必要な道具

砂(砂利)

魚が傷つかないように尖っていない砂利がおススメです
ボトルで飼育する場合はビー玉やビーズを使うことでより華やかになるでしょう

カルキ抜き

水道水を汲んで1日放置できない場合は、魚を飼う上で必須になります。淡水用と海水用と分けられているので買う際はご注意を!

水草(薬品未使用)

濾過器(ポンプ)を使わない場合は必須です。見た目を華やかにするためにも使えますが、海外産の水草は魚に良くない薬品が入っていることが多いので、慣れないうちは国産の薬品未使用の水草を購入するのがおススメです

魚に合わせたエサを購入しましょう。ショップで魚を購入する際に、店員さんに「普段どの餌を使っているか」を聞くことで、魚が慣れている餌を使って飼育を始めることができます!

ピンセット

水槽内のごみを取ったり、餌を摘まんだり、水草をずらしたり…様々なポイントで使える便利道具です

アクアリウムを始める!となった際に必要なものはこれで充分です

水槽の作り方

水槽の作り方となる5ステップを解説します

1.水槽となる容器と砂(砂利)を水道水で洗う

2.水槽の底に砂を敷く

3.砂が巻き上がらないように、手や袋などを使って優しく水を注ぐ

4.カルキ抜きを規定量入れて、カルキを抜く

5.水草を入れて完成!

と、水槽を作るのはこうして見ると意外とシンプルですね

しかし、水槽が出来上がったからと言って、

ここで魚を投入してはいけません!

出来上がった水槽を放置する(水を作る)


メダカをすぐに入れてはいけない理由として、他のサイトでも出てきたであろう、「バクテリアが住み着いていない事による水質悪化を防ぐ為」です!

バクテリアが自然に増えるまで、「魚がいない水槽」としてしばらく放置する必要があります

期間にして、水槽の容量によりますが、小さいビンや4〜5リットル入る水槽であれば2〜3週間は置きましょう

途中で水が蒸発して減っていったら、「カルキを抜いた」水を、減った分補充しましょう

魚を導入!

しっかりと時間を置いて、水が出来上がったと思ったらいよいよ魚の導入です!

しかし、いきなり複数匹をドバドバ導入してはいけません

まずは1匹だけ導入して、バクテリアが繁殖出来ている(魚が住める環境になっている)か確認しましょう

1匹導入してから1.2週間置いても元気そうであれば、追加で数匹ずつ導入しても大丈夫です

また1,2週間様子を見る→追加したかったら追加する…という感じです
「いきなり何匹も一気に入れてはいけない事」を覚えておきましょう

※魚の限界容量として、「水槽1リットルにつき1匹」と言われています

あとは様子を見ながら、魚に合わせた餌を適切に与えて、のんびりと泳ぐ魚を楽しみましょう

まとめ

いかがでしたか?

アクアリウムって難しそうですが、初心者でも楽しめる魚もいますし、簡単な道具と設備でアクアリウムは十分に楽しめますよ!

家の中で癒されてみたい方は是非試してみてくださいね!