ブログ

記事のURLを変更するには?1分掛からず変更可!日本語だとアウト?



書き上がった記事をSNS等で告知・公開する際はどうすれば良いでしょうか?

そう、URLをコピペして貼り付けますよね!

ですがその前に…!
ご自身の記事のURLを確認してみて下さい




URLに…


日本語入ってませんか?



URLの変更方法


他の記事でも散々書かれていますが…
URLに日本語が入っていると色々不都合ですので、さっさと変更しちゃいましょう!




やり方はとても簡単!




WordPressのダッシュボードより

【記事一覧】から

URLを変更したい記事の編集画面に移りましょう!

グーテンベルク(Gutenberg)であれば、
このような画面が出て来ると思います!



注目する場所は右側の細々とした所

これが無い人は、右上の歯車マークをクリックして表示させて下さい


それでも出てこない場合は…

クリックした事を確認した上でページを更新してみましょう
※ブログ記事の更新では無いです!ページをもう一度読み込む更新です!

無事右側に縦長のバーが表示されたら、バーの一番上に

【投稿】 【ブロック】
の2つが表示されていると思いますが、
【投稿】を選択して下さい

その中に、

【URLスラッグ】

という項目がありませんか?

画像にも記載されていますが、
これが「URLの最後に当たる部分」であり、
あなたがURLを変更できる部分になります!



ここが日本語、もしくは適当な文字列等のままだと…



リンクを貼る際にバグが発生…

リンクがめちゃくちゃ長くなって
SNSで文字制限に引っかかってしまう…




等々、面倒な事になります(´・ω・`)

オススメのURLの決め方は?



実際に変更できる事は分かったけど…

何にすれば良いの?

…と迷う方も多いですが…


要は、ページ閲覧者がURLを見た時に、
どのような記事(サイト)か、なんとなくでも理解できるようなURL

…が、良いと個人的に思っています



上記の例の画像だと、URLは

「wordpress-app」

となっていましたね?




ブログ記事だと分かる事を前提に、
この単語を見たら

「Wordpressのアプリ…の事かな…?」

となんとなく予想出来ませんか?




URLを分かりやすくすることで、

閲覧者が求めている記事かを一目でなんとなく確認が出来る他、変なサイトでは無いというアピールも出来るメリットがあります!


終わりに


いかがでしたか?



かなり簡単に出来ると思いますが、長時間に渡って記事を作成していると、URLの編集を忘れてしまう事って、結構あるんですよね…笑


記事作成の仕上げや見直し時に、URLの確認も忘れずに出来る様になると、後々楽になりますよ!