趣味

業務スーパーの納豆がコスパ最強!不味い?量少ない?諸々徹底解説!

どうもFlad(@Flad_Box)です!

日本人の朝にはかかせない、ご飯のお供である納豆!そんな納豆も異常な安さで圧倒するのが業務スーパーです!

今回は、業務スーパーの【味自慢 小粒納豆】の魅力を徹底解説します!

価格はどのくらい安い?

業務スーパーの納豆といっても、業務スーパーらしい膨大な量!!…というわけではなく、一般的なスーパーでも見かけるタイプの3パック入りとなっております

そして気になるお値段は…

税抜き47円!(税込50円)

100円玉があれば2個(計6パック)も買えちゃいます!

これがどれだけ安いか、他の納豆と比較してみましょう

このように、業務スーパーの納豆が50円という安さが改めて実感できるかと思います…!

栄養成分・原材料・保存方法等は?

納豆の裏面を見てみるとこのようになっております

栄養成分表示(1パックあたり(たれ・カラシ含む))

エネルギー 98kcal

タンパク質 7.8g

脂質    4.6g

炭水化物  6.5g

食塩相当量 0.5g

たった1パックの納豆の中に、7.8gタンパク質が含まれています!相応のカロリーも含まれているので食べすぎには注意ですが、筋トレをしている方にもおすすめな食品と言えますね!

原材料名

【納豆】丸大豆(アメリカまたはカナダ)(遺伝子組み換えでない)、納豆菌

【たれ】たん白加水分解物、しょうゆ、砂糖混合異性化液糖、醸造酢、食塩、かつおエキスみりん/調味料(アミノ酸等)、酒精、ビタミンB1(一部に小麦・大豆を含む)

【からし】からし、食塩/酸味量、酒精、着色料(ウコン)、ビタミンC、増粘多糖類

内容量は少ない?・賞味期限・保存方法は?

内容量

納豆:45g×3
たれ:4.5g×3
からし:1.0g×3

1パック45gと見て、少なく感じる方も多いかもしれませんが…

例えばセブンイレブンの極小粒納豆も同様に45g、おろしだれ納豆は40g、おかめ納豆の極小粒カップは33.7gと、パックやカップの納豆系の中では平均の部類にあたります

賞味期限は購入日より1週間程度先までと、3パックを消費するには十分な期限でした

また、保存方法は冷蔵庫(10℃以下)で保存するという事なので、常温はNGになります!

中の見た目は?粒の大きさはどれくらい?

納豆好きの方でも、粒の大きさにこだわりを持っている方も多いのではないでしょうか?

パッケージ上は「小粒」と書いてありますが、本当に小粒なのか、実際にパックを開けて測ってみました

パックを開けてみるとこのような感じで、納豆用のたれとカラシが付属しています

フィルムを剥がしてみるとこのような感じで、粒がはっきりと分かれていることが分かりますね!色も濃い茶色をしていて美味しそうです

中から一粒だけ取り出して大きさを測ってみました!この粒は縦約1cm、横約5mmになりますね…

ただ、全ての粒が1cmという訳ではなく、縦の長さが8〜9mmの粒も多いなという印象でした

ちなみに、納豆の大きさの基準として、丸目のふるいを使うそうなのですが、小粒の場合は直径5.5mmのふるいが該当するという事だそうで…

正確には測っていませんが、業務スーパーのこの小粒納豆も、おおよそその基準に合っていると思います


で、味は?


さて、ここまで安いと味が不安になりそうですが、実際に食べてみた感想としては…

美味しい。たれもカラシもちゃんと美味しい。

「他の小粒納豆と並べて食べても、違いに気付かないと思います…」
と言えるくらい僕は美味しく感じました

他の納豆同様、そのまま食べてもよし、ネギと混ぜてもよし、卵やキムチと混ぜても最高でした♪

「いや、業務スーパーの納豆は不味いんだ!!ここがダメなんだ!!」と熱く語れる納豆愛好会の方がいましたら、ぜひどこがダメなのかお聞きしたいくらいですね…

まとめ

いかがでしたか?

業務スーパーの納豆は流石といえる破格のお値段で、とても美味しい家計の味方です!

「小粒の納豆は好きじゃない…」という人以外の方には本当にオススメできる、コスパ最強食品だと僕は思います!

朝はパンの人も、たまにはホカホカご飯に納豆をかけて、ガッツリご飯をかき込んでみませんか?