趣味

ソロキャンプで焚火をするなら【カマド型】が最強な理由

どうもFlad(@Flad_Box)です

ソロキャンプで焚き火をするなら、焚き火台はカマド型が最もオススメできると僕は考えていますが

「そもそもカマド型とは?」
「どこがオススメのポイントなのか?」
「使用する上での注意点」

をまとめていきます!

カマド型の焚火台とは?

焚き火台にも様々な種類がありますが、カマド型とは以下の動画ような形状の焚き火台の総称です

焚き火台=丸いものというイメージを持つ方も多いですが、このような箱型の焚き火台も存在します

想像していた「カマド」とは違うと思いますが、想像通りのカマドも一応存在します

ホンマ製作所 クッキングストーブ RS-41【日本製】【かまど】【アウトドア】【薪】【防災】【炊き出し】【キャンプ】

価格:8,880円
(2021/3/4 16:27時点)
感想(11件)

ただ、こちらに関しては「ストーブ」なので、本格的な冬キャンプで使う事がある人がいる程度の物になります

カマド型のメリット

そんなカマド型ですが、最強と呼ぶ理由は沢山ある反面、ちょっとだけデメリットもあります

それぞれ詳しく解説しますよ!
まずはメリットから

1.収納すると物凄くコンパクト

箱型の焚き火台ですが、購入時は薄い板状になっています…
というのも、折りたたみ性能がかなり優秀で、焚き火台とは思えない小ささで運ぶ事が可能です

僕の場合は、薄く畳まれた焚き火台と一緒に、炭を掴むトングと火吹き棒を一緒に一つの袋にまとめていますが、それでもかなりコンパクトです

2.他の焚き火台には無い調整機能

カマド型焚き火台には薪や炭を置ける板の高さを調整できる機能が付いており、高くすれば調理も高火力で、低くすれば低火力にする事が可能です

焚き火を使って調理をしたい人にとって、あるとかなり便利な機能となるでしょう

3.焚き火の上も下も有効活用

燃えている薪の上しか暖まらないように見えますが、下も実はかなり熱が籠っています

しかし、薪が乗っている板に穴は開いていないので、板の下に灰が落ちる事があまりなく綺麗です

これをうまく使って、カマドらしく、下でピザを焼く事が可能です♪

直接火が当たる訳では無いのでピザではなく、湿った薪を入れて乾燥させるといった使い方も!

火の上も下も有効活用出来る焚き火台は、経験上このカマド型以外見た事がありません

4.調理だけでなく、純粋に焚き火を楽しめる

画像や動画だと一番上にゴトク(網が乗っている部分)が見えると思いますが、このゴトクと網を外して側に立て掛けておけば…?

【調理をする為】の焚き火台

【焚き火を楽しむ為】の焚き火台


へ早変わり♪

「見るためだけの焚き火台、調理はガスで…」と使い分ける人もいますが、折角のキャンプなら、焚き火一つで全部楽しむのも素敵ですよ♪

5.三枚の板に囲まれている強み

カマド型の焚き火台の利点として、「側面と背面が板で囲まれている事」が挙げられます(真上から見たらコの字のようになっています)

使用する際は板が無い正面からになりますが、この3枚の板の存在で様々な恩恵が…!

◯火が逃げにくく調理時に火力が伝わりやすい

◯熱の逃げ道が真上か正面しか無いので
他の焚き火台より強く熱を感じられる
冬でも凄く暖かい

◯火の粉や灰が飛び散りにくい

◯安定していて
倒れにくい

◯薪や炭が溢れにくい
キャンプファイヤー風に立て掛けても安心

◯板には小さな穴が空いてるので
風はしっかり入って燃えやすい

…と、カマド型にはこの側面と背面の板の存在が非常に大きく、最大の強みでもあるのです

カマド型のデメリットとは?

デメリットと言っても大した事はないのですが、使っていて思ったことを何点かまとめてみました

1.二人以上だと全員が暖まることが出来ない

メリットに書いた、3枚の板の存在によるデメリットです

焚き火台の正面だけがかなり暖かくなるような設計になっているので、2人以上の場合は1人しか暖まる事が出来ません

調理をする際は2人以上でも楽しめますが、特に冬のキャンプではソロキャンでの使用をオススメします

もしくは1人1つの焚き火台を…笑

2.薪のサイズの調整が必要になるかも

どの焚き火台でも当てはまるかもしれませんが、薪のサイズによっては入らない・不安定になる事があります。特に調理をする際(ゴトク使用時)は顕著です

※これを解決する為に改造を施す人がいました…笑

3.想像通りの「焚き火らしい見た目」にはならないかも

要はインスタ等では映えにくいという事です

お洒落なキャンプでは、こんな焚き火台をよく目にすると思いますが…箱型の定めでしょうか…

「思ってた焚き火と違うかも…」
と思う事があるかもしれません

パッと見は「箱の上から火が出てる」だけなので、インパクトは薄いですね

カマド型を使用する上での注意点

ここまでカマド型のメリットデメリットを書いてきましたが、最後に使用する上での注意点をまとめます

1.下に耐熱のモノを敷こう!

箱型で薪や灰が溢れにくいなら、下に何も敷かずに使える!!と思うかも知れませんが多少は溢れます

焚き火シート 60cm × 80cm たきびシート 焚火シート シート 焚き火台シート たき火台シート 耐火シート 芝生保護 防炎 耐火 不燃 不燃シート 防火シート 耐火シート 安心 安全 キャンプ バーベキュー用品 バーベキュー BBQ アウトドア 用品 ソロキャンプ キャンプ用品

価格:1,880円
(2021/3/4 16:42時点)
感想(46件)

焚き火専用のシートを購入するのも良いですが、カマド型の強みを活かしたい場合は、100均のステンレストレーがピッタリです!

100円で済むというのも大きいですし、シート系とは異なって、畳んだ焚き火台と一緒に収納も出来るので便利です

また、トレーだと落ちてしまった灰や炭の処理がとても楽ですよ

2.長過ぎる薪はNG

ゴトクを外して焚火を楽しむ際、豪快に長い薪を投入したい気持ちはわかりますが、

根本だけ燃えて、火のついた薪が焚き火台から溢れます

枯れ草や芝生が燃える危険性も高いので、安いのこぎりを携帯するなどして、薪は短めに切って投入しましょう

まとめ

いかがでしたか?

カマド型の焚き火台を全力でオススメする理由、分かって頂けたでしょうか?笑

他の焚き火台のような「お洒落感」は無いかもしれませんが、とにかく機能性だけは最高なので、興味が湧いたら購入してみて下さい♪

価格も安いものは2,000〜3,000円程度で済むので、Amazonや楽天であればセールをチェックしましょう!