ブログ

楽天口座の開設手順とは?
実際に掛かった時間と手順を解説!

楽天銀行イメージ

日本最大級のインターネット銀行でもある楽天銀行の口座を開設しました!

ホームページでは、「開設するのに1〜2週間掛かる」と記載されていますが、実際はどれくらい時間が掛かるのか、開設するのに必要な書類や用意するタイミングをまとめました。

私が2020年12月12日から作成した際に、実際に行った手順になります。

作成したカードは、JCBのデビットカードになります

※お住まいの地域や書類の郵送方法によって、作成までに必要な時間が変動する可能性があります。

実際に掛かった時間

私の場合ですが、12月12日に書類を記入してから、カードが届いたのは25日、2週間弱となりました

公式Q&Aに記載されている通り、2週間以内で作成が出来ましたね

しかし、私の場合は途中でトラブルが発生した為、本来ならもっと早く作成が出来たと考えられます

ここからは、具体的な開設の手順を解説していきます

開設手順

公式ホームページより、楽天銀行の口座開設を行おうとした際、楽天の会員登録が必須だった為、先に楽天の会員登録を済ませました

その後、楽天銀行の口座開設の申請の為に、必要事項を記入していきます

名前

生年月日

電話番号

メールアドレス

住所

性別

米国人であるか否かの確認

在住地国の確認

職業キャッシュカード申込情報

口座の利用目的

スーパーローン申込

証券口座申込

toto申込

反社会勢力に関する表明

口座情報入力
(お名前・暗証番号・ネットショッピング用の暗証番号)

以上を入力したら、入力した情報を確認して申込完了となります!

登録したメールアドレスにて、登録番号とアクセスキーが記載されたメールが届きます

届いた事を確認したら、楽天銀行のアプリをダウンロードします

アプリ内でログインする際に、メールに記載されていた登録番号とアクセスキーを入力すると、本人確認書類の撮影が可能になります

私の場合は、運転免許証保険証を選択

カードの表と裏を撮影しました

撮影した書類に誤りがないかを確認して、提出

20分程度で、書類提出まで完了しました


この数時間後、撮影した書類を受理したので
口座開設の事務手続きを行いますというメールが届きます

後は待つだけ…と思っていたら、1週間後にアクシデントが発生しました

書類に不備が見つかった場合…

12月19日、楽天銀行より、書類不備のメールが届きました

メール内に、不備となった書類と、その原因がすべて記載されており、簡単に対応できました

私の場合は保険証の住所が、
登録する際に記入していた住所と異なっていた事が原因でした。

再びアプリにログインして、保険証の代わりに提出する書類を選択する画面に移行されたので、迷う事はほとんどありませんでした

今回は代わりにマイナンバーカードを提出

裏に個人番号が記載されておりますが、隠したまま提出しても書類として使用可能でした

提出後、数分で再び口座開設の事務手続き開始のメールが届きました

翌日20日、事務手続きが完了しましたというメールが届きます
それに伴い、thankyouレターに関するお知らせが届きます

このthankyouレターとは、デビットカードや、初期IDとパスワードが記載されている重要な書類です

メールが届いた5日後、12月25日に簡易書留郵便として自宅にthankyouレターが届きました

重要書類のため、ポストに入れられず、玄関で直接郵便屋さんから受け取る必要があります

thankyouレターに記載された初期IDとパスワードでログインした後は、自身でIDとパスワードを設定して、アプリにログインします

初期IDはそのまま記載されている訳ではなく、ある部分とある部分を組み合わせて下さいとthankyouレター内に記載されているので、よく確認しましょう

無事ログインも出来たら、口座開設が完了です!

同封されていたデビットカードも、セブンイレブンですぐに使用する事が出来ました!

以上、2週間で出来た楽天口座の開設の手順になります


ネット口座初心者の私でも、簡単に、サクサク出来ました

皆さんも機会があれば是非使ってみましょう!