趣味

YouTube広告がうざい!時に2秒で消す方法!(アプリ不要・完全無料)

どうもFlad(@Flad_Box)です!

YouTubeを見ていて最もイライラする瞬間といえば広告ですよね…

「5秒も待てない!!!」
「さっさと飛ばしたい!!(消したい)」

そんな方もこの記事を見る事で、ウザいと感じやすいもの諸々ほぼ全ての広告を2〜3秒で飛ばす方法を学べます!

※YouTubeプレミアムや広告ブロックアプリやソフトは一切不要です

さっさと広告を消す方法

パソコンでもスマホアプリでも、やり方は全く同じで非常に簡単です!普段通りYoutubeを使っていると…

全く興味のないウザい広告がキタッ!!
静止画だけで伝わるウザさを我慢して左下にご注目!!

広告の残り秒数の隣に丸で囲まれた小さなiマークが見えますよね?

こちらのiマークをタップしましょう

このように、広告についてのメニューが表示されます
真ん中にある「この広告の表示を停止」を押しましょう!

「この広告の表示を停止してもよろしいですか」と出るので「はい」と即答してあげましょう

広告が消えて背景が真っ暗になりましたね?

広告を停止させた瞬間、残り秒数関係なく強制的に広告を終了させる事が可能です!

広告の問題点についてアンケート(何故広告を停止させたのか?)を答えられますが、答えずに【閉じる】を押しても構いません

閉じた途端にちゃんと本来の動画が流れてくれます(下に2〜3秒程「ご意見をお寄せいただきありがとうございます。」と表示されます)

この方法のメリットとデメリット

一見するとメリットしかなさそうですが、デメリットも存在します

メリットデメリット、両方を見比べてみましょう

メリット

●15秒程度の、見続けなければいけない(飛ばせない)広告も問答無用で即飛ばせる

●面倒な導入(広告ブロック系のアプリやソフト)が一切ない

とにかく楽

ほとんどの広告に対応可能(ウザいと言われがちな広告程表示停止の成功率が高い)
※理由はデメリットの方に記載

●ただ飛ばすのではなく、「不適切」と回答して再表示させる確立を下げられる可能性がある(精神的に楽になれる)

●広告表示を停止させまくってもリスクはかなり低い(YouTubeアカウントBANの可能性は限りなく低い)

慣れれば2秒で広告を停止出来る

デメリット

●手動で広告を止める必要がある為、広告が出る度にスマホに触れる必要がある。

●広告が出る→特定の広告による拒絶反応→広告表示を停止させるという流れの為、一瞬でもその広告は見てしまう

●停止させたところで、数分後には再び表示される可能性が高い(でも同じように無理矢理停止させてOK)

そして1番注意すべきデメリットはこちら

●Google等の大手の特定の広告は表示停止できない

特定の企業の広告を停止させようとしても、画像のように、「広告の表示を停止」が表示されず、強制的に表示を停止させることが不可能です


ただ、逆に考えてみれば…

ウザい傾向が強い個人・無名・中小企業、詐欺商材や副業詐欺、漫画早送り加工ボイス糞紙芝居、融資、出会い系(マッチングアプリ)、ライブ配信アプリといった広告は確実に何度も消せます

まとめ

デメリットの後半の説明がはメリットと化してました…すみません

【YouTube 広告 ウザい】と調べると…

「広告停止ソフト買いましょう^^」
「プレミアムに加入しましょう^^」

とか買いてありますが、それが嫌だからこうして調べているわけで…

とにかくもっと早く気付けば良かったと思っています…
個人的にはかなりストレスが軽減されたので、皆さんも是非お試しあれ